« 東京国際キルトフェスティバルに行ってきました | トップページ | こんなクレイジーキルトもありました »

2007年2月 1日 (木)

愛用の糸立て

Blog20070201

いつもフェルト製作仲間のぷわちゃんに「これがいいのよぉ!」とすすめている糸立て。
どういいかというと、まず糸を通す棒の太さが絶妙なんです。
これは太すぎると糸巻きが回りませんし、細すぎると糸を引き出したときに抜け落ちてしまいます。
それから、セットできる糸の本数がちょうどいいこと。
そしてタワー型であること。
この2つはおき場所のスペースという点で以外と大事かも。

このお品はヤフオクで購入しました。
出品者の方はとても素敵な人で、手書きのお手紙なども添えて送ってくださいました。
買ってよかったなぁと思うもののひとつです。

それで、この糸立てとともに何を製作しているかというと、あいかわらずヨーヨーキルトです。
ゴールの見えない長距離走をしている気分。
最初はぐし縫いして縮める作業の楽しさに興奮状態でしたが・・・・
今もやっぱりこの作業は楽しいですが、この作品は完成する日がくるのだろうかというキルト製作中お決まりの苦しい時期の只中です。

|

« 東京国際キルトフェスティバルに行ってきました | トップページ | こんなクレイジーキルトもありました »

ハンドメイド」カテゴリの記事